ソルガム粉




sorghum-logo

ソルガム粉とは

イネ科のソルガムきび(sorghum)を粉末状にしたもの。モロコシ、たかきびとも言われます。たかきびそのものは雑穀として販売されており、お米のように炊いて食べたり、ひき肉のような食感を活かしてハンバーグにしてみたりと幅広く使われています。

主に「ホワイトソルガム」という色、苦味を抜いて品種改良されたものがパンやお菓子に使われます。グルテンを含まないので、小麦アレルギーの方でも取り入れられる食品として取り上げられています。

赤ちゃんのお菓子にも、小麦の代わりにホワイトソルガムを使った商品があったりします。それだけ安全性があるんですね。

強い生命力を持った穀物なので、農薬の使用量を少なく栽培できるのも利点。

原産地

南アフリカ原産、各国で栽培されています。日本には室町時代に伝来してきたと言われていますが、雑穀としての流通はあるものの「ホワイトソルガム粉」としては見つけられませんでした。

保存方法

高温多湿、直射日光を避けて密閉保存が好ましいです。

ソルガム粉の栄養素

カロリー351kcal
たんぱく質9.5g
炭水化物75.9g
糖質73.6g
食物繊維2.3g
脂質1.5g
graph-sorghum

引用元:中野産業ホワイトソルガム粉
成分としてはほとんど薄力粉と似たような値です。極端な偏りがないので気軽に使えますね。

グルテンフリー食品としてよく使われる米粉と比べると、ソルガムの方がカロリーと糖質が低く、たんぱく質が多いです。

また、無機質(ミネラル)も米粉に比べると多く含まれます。カリウム、マグネシウムは10倍近い量です。カリウムは体の塩分調整の役割があるため、むくみに良い効果があります。また、腸の動きを良くしてくれる不溶性食物繊維も多くなります。

なお、カロリーや三大栄養素は中野産業ホワイトソルガムから、その他は食品成分データベースの「もろこし」項目で詳細をチェックしております。ホワイトソルガムはタンニンを覗いた品種なので若干他の栄養素も違いがあるかもしれません。

ソルガム粉の使い方

小麦粉の代替として使用します。グルテンがないため弾力が出ず、小麦で作ったような膨らみ方はしないので工夫が必要です。

お菓子やパン作り用のミックス粉も販売されているので、最初はそちらを試してみると感覚がつかめるでしょう。

揚げ衣やクッキーなどに用いるとさっくりした食感になります。

レシピ参考

おすすめ商品

*価格は記事更新時のものです。★の数は個人的なものなので参考程度に。

★★★★
Amazonでは500gで410円と安め。ホワイトソルガムの第一人者的な存在で、純粋な粉の他にもパン用、お菓子用のミックス粉を販売しています。

★★★★
200gで345円、アメリカ産。使いやすい容量なので初心者向け。

★★★★
Amazon、635gで680円。アメリカ産の全粒ソルガム粉です。Bob’s Red Millという有機・全粒にこだわったメーカーの商品。グルテンフリー記載のため生産・製造過程でのグルテン混入の心配もありません。

参考:ホワイトソルガム粉の製パン性について(PDF)
*栄養素の値は商品により差があります


Warning: Use of undefined constant original_category - assumed 'original_category' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/caoringo/silentdays.info/public_html/konamono/wp-content/themes/simplicity2-child/entry-body.php on line 73
商品詳細カテゴリ:
Warning: Use of undefined constant original_tag - assumed 'original_tag' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/caoringo/silentdays.info/public_html/konamono/wp-content/themes/simplicity2-child/entry-body.php on line 74
原材料: